前へ
次へ

人材派遣の利用について

人材派遣とは、企業側からすれば、必要なスキルを持っている人材を、必要である際にだけ活用することができるものと言えます。
正社員の採用と比べると、短期間での人材の補充をすることができるために、ニーズが高まっているサービスです。
有期雇用派遣や無期雇用派遣、紹介予定派遣のように種類があります。
この3つは、大きく分けた時の形態となります。
このような人材派遣サービスには、それぞれにメリットや活用方法があるようです。
まず、有期雇用派遣という人材派遣では、企業側が必要であると判断している期間の間だけ、人材派遣の会社と派遣をすることになる社員が雇用契約を結ぶタイプのものとなります。
企業との直接的な雇用の関係ではなくて、派遣会社と派遣契約を行い、業務の指示が行われます。
そして、無期雇用派遣では、有期雇用派遣と仕組みは変わりません。
しかし、無期雇用契約を派遣会社と派遣される社員が結んでいることが特徴です。
注目が集まってきている項目でもあるようです。

Page Top